SGDs in Miyashiroプロジェクト(宮代町プロジェクト)

  「顔の見える地産地消の食とエネルギーづくり」

本活動は三井物産環境基金2018年度申請受理「顔の見える地産地消の食とエネルギ
ーづくり」の活動です。
活動期間:2019年4月から2022年3月
活動内容(予定):
埼玉県宮代町は「農のあるまちづくり」を推進し、農産物直売所と加工所に
加え農業技術も指導する施設をもつ。本活動はその宮代町に手造りバイオガス化設備
を設置し、地域住民(高齢者と障がい者を含む)や学生が管理運転する。当協会はメタン
発酵処理基礎知識と管理運転技術の研修やバイオガスマイスター認定などの仕組みをつ
くる。各種イベントを通じて農家、レストランシェフ、消費者の顔の見える関係を創出する。

●環境・エネルギーフォーラム(第1回)
新型肺炎ウィルスの感染拡大が懸念され,当フォーラムは延期とさせていただきます。
開催のめどが立ちましたら、ご案内申しあげます。
2020年 3 月 7 日 (土) 14:00〜16:00、日本工業大学 新講義棟5号館1階ホールにて「第1回環境・エネルギーフォーラム」を開催します。

主催:特定非営利活動法人・再生可能エネルギー推進協会
後援:日本工業大学、宮代町
助成:三井物産環境基金2018
参加費:無料
スケジュール
14:00   開会挨拶
           再生可能エネルギー推進協会代表理事   尾園次郎
14:10   みやしろSDGsプロジェクトはどのような取り組みか?
           再生可能エネルギー推進協会理事・日本工業大学名誉教授   佐藤茂夫
14:30   講演「再生可能エネルギーと農業」
            えこえね南相馬研究機構代表理事  高橋荘平氏
15:10   フリートーク
15:55    閉会挨拶
             日本工業大学
                                                 日本工業大学アクセスマップ

   参加ご希望の方は右をクリックし必要事項を記載してお申し込みください。                   

●環境学習とものづくり体験講座(第1回)
新型肺炎ウィルスの感染拡大が懸念され,当体験講座は延期とさせていただきます。
開催のめどが立ちましたら、ご案内申しあげます。
2020年 3月14日(土)14:00〜16:00、日本工業大学スチューデントラボにて「第1回環境学習とものづくり体験講座」を開催いたします。

主催:特定非営利活動法人・再生可能エネルギー推進協会
後援:日本工業大学、宮代町
助成:三井物産環境基金2018
参加費:無料
スケジュール

14:00 学習講座「微生物がつくるバイオガスとは、どのような ものか?」
      霊山プロジェクト・バイオガスマイスター        大沼 豊氏
14:30 ものづくり体験講座「みんなで作るバイオガス装置」
      再生可能エネルギー推進協会理事・日本工業大学名誉教授 佐藤茂夫
      霊山プロジェクト・バイオガスマイスター        大沼 豊氏
15:55 記念撮影

                                                 日本工業大学アクセスマップ

  参加ご希望の方は右をクリックし必要事項を記載してお申し込みください。                   

宮代のSDGsとは
畜産農家の家畜排せつ物、農産物残渣、生ごみなどは小規模の場合、ほとんど有効利用されていない。しかし、これらはメタン発酵処理によってバイオガス(エネルギー)と消化液(有機液肥)として資源循環できる。バイオガスは少量でも燃料利用できる(SDG7)。また、消化液は単に肥料成分を含んでいるだけではなく、多様な微生物が生息しており、土壌還元すれば地力向上が期待できる(SDG6)。気候変動や異常気象に対応できる農業には土壌微生物の力は欠くことができない(SDG13)。しかしながら、小規模農家では人手不足や資金のないことからこうした廃棄物系バイオマス資源を有効利用できる状況にはない。一方で、消費者の地元農産物志向は高まっており、農産物直売所などでは生産者名や顔写真を付けて販売している所も多い。消費者は農産物の鮮度や安心・安全に加えて顔の見える関係を重視する傾向になっている。本案件は、こうした状況を踏まえて生産者と消費者が今一歩近づく仕組みを地域内に創り出し、その関係の中で次の世代が育つ環境を整えることを目的としている(SDG11,12)。具体的には、「農のあるまちづくり」を主要政策としている宮代町や若手農業者(農業、養鶏業)の協力の下で活動を展開する。まず、中心的拠点となる「新しい村」(農産物直売所、加工所、育苗施設、市民農園などをもつ)に上記廃棄物系バイオマスをメタン発酵処理するバイオガス化設備を手造りで製作し設置する(SDG6,7)。さらに、地域住民や学生ボランティアが運転管理する体制をつくることで農家負担の最小限化を図る。また、高齢者や障がいをもつ人たちもその状況に合わせた支援を行うことで参加できる仕組みを創る(SDG8)


ご参考:宮代の歴史
宮代町は昭和30年(1955年)に百間村と須賀村が合併してできた町。百間村の総鎮守である姫宮神社の「宮」と、須賀村の総鎮守である身代(このしろ)神社の「代」をとって町名となりました。
http://skyimpulse.s26.xrea.com/miyasiro.html

また、同地域には東武動物公園があります。希少なホワイトタイガーをはじめ、全120種類1200頭の動物たちが飼育されており、エサやりなど動物と触れ合い体験もできて、見て楽しい触れて楽しい動物園です。
http://www.tobuzoo.com/